新生活で社会人の不安を解消させる意外な方法!知っ得群馬特有のお香典マナーとは?


あっという間に4月も後半になっていますが、まだ4月から始まった新生活に慣れていないなんて人も多いのではないでしょうか?特に、今春から新社会人になった人は、まだまだ不安な気持ちで一杯ですよね。1日1日が長く、早くゴールデンウィークになってほしい!と指折り数えている人や、なんだか気持ちが落ち着かない、と不安を解消出来ずにいる人も多いのではないでしょうか。そんな人達の不安を解消する方法をご紹介したいと思います。ぜひ実践してみて下さいね!

sponsored link

新生活で社会人の不安を解消させる意外な方法!

不安昔から、ゴールデンウィークが終わったころからうつ状態になってしまう『5月病』は有名ですが、最近は、ゴールデンウィークまで待てず、4月からそのような状態になってしまう『4月病』の人も増えているそうです。特に、3月まで学生だった人にとっては、肉体的にも精神的にも全く違う環境になるわけですから不安だらけの毎日で、身も心もぐったりだと思います。しかし、新生活で社会人の不安を解消させる意外な方法があるのです。ぜひ実践してみて下さいね!

1.エクササイズ

運動嫌いの人にとっては、休みの日とか仕事終わりにスポーツジムに通ったり、電車やバスを使わずランニングやウォーキングで帰るなんて、ただでさえ疲れているのに疲労が倍増してしまうと思うとやる気になれませんよね。

しかしエクササイズ、特にランニングサイクリングなどの有酸素運動は、ストレスケアに効果的だと科学的にも実証されているのです。どうせ継続しなければ意味ないでしょ!と思っている人もいると思います。確かにダイエットなどには継続することが重要ですが、不安を解消させるストレスケアには単発でも十分効果的だと言われているのです。

特に、ゴールデンウィークなどにはスポーツジムが、1日体験コースなど格安で利用できるキャンペーンを行っているところも多いので、それらを利用するのもベターです。スポーツジムだったら、ランニングマシンやエアロバイクのようなマシンエクササイズも良いですが、やはりおすすめはプールでのスイミング!究極の有酸素運動と言われる水泳で思いっきりストレスも水に流してしまいましょう。

水泳更には、スポーツジムに通うことで、新たな社外の人脈ができるきっかけになるなど、社会人としてプラスアルファに働くこともありますね。

科学的どうこうはよく分からないですが、やはりエクササイズした日の夜などは、ぐっすり眠れますから、間違いなく不安解消には良いでしょうね。

2.同期と飲み会

仲間ゴールデンウィークには、卒業以来初めて帰省をして、同じく新社会人となった同級生と一杯!なんて人も多いと思います。もちろん、そこで、「頑張っているのは自分だけじゃない!」と気づかされ、連休明けも頑張る気持ちが芽生えますから良いですが、おすすめしたいのは一緒に入社した、いわゆる同期と親睦を深めるという方法。

せっかくの休みなのに、会社関係の人と会いたくないと思うかもしれませんが、まさに同じ境遇なのが同期です。同級生だと、職場の雰囲気や仕事内容がイマイチ分かっていないので、単なる愚痴の言い合いになってしまいます。仕事中だけでは、なかなか腹を割って話せないような話をすることで、連休明けも仲間が増え、頑張る気持ちが倍増するってものです。ちょっと面倒な気もしますが、自分からそんな機会を作ってみてはいかがでしょうか?意外とやってみて良かった!と不安な気持ちが吹っ飛ぶかもしれませんよ。

知っ得「新生活」群馬県特有のお香典マナーとは?

新生活が始まり、今まで慣れ親しんできた地元を離れ、一人暮らしをしている人も多いと思います。そのように新たな土地に行くと、思わぬ風習の違いに驚くなんてこともあります。ネット上で、そんな風習の違いで話題となっているのが、群馬県特有のお香典マナー。

sponsored link

香典とは、お葬式に参列するときに包むお金の事。結婚式はピン札がベターなのに対して、事前に準備していたら失礼な香典は、普通のしわのついたお札でOKです。だいたい相場は5,000円くらい、これが一般的な香典マナー。ところが、群馬には「新生活」と言うマナーがあるのです。

新生活と香典?と思う人は多いと思います。ここで言う「新生活」とは、その言葉どおり、新社会人など新たな生活環境になった人を指しているわけではありません。葬儀の受付に、「一般」「会社関係」などとともに「新生活」というのがあり、香典を1,000円程度に少な目にして、その代わり香典返しは遠慮するというマナーなのです。

どうやら戦後直後、生活が苦しいため、このような制度を作ることで負担を減らそうとしていたようです。昔は群馬以外でもあったようですが、今では群馬だけ残っている風習のようです。

でも、群馬全域の風習かと思いきや、そうではない地域もありますので、豆知識として知っておくと訪問先で知らずに「私は新生活を迎えたばかりだからここだ」と並んでしまい恥ずかしい思いをすることはないですよね。社会人の豆知識として覚えておくと良いと思います。

まとめ
新生活を始めた社会人にとって理想と現実が早くもかけ離れている人、多いのではないでしょうか?こんなはずじゃないのに、とモヤモヤした気持ちでゴールデンウィークを心待ちにする人も多いと思います。ここでは不安解消の方法を幾つかご紹介しましたが、自分なりに気持ちをリセットできる方法を探してみることです。きっと自分に合った方法があると思いますよ!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です