梅雨時期のカビ発生防止対策はこれ!恐ろしい夏風邪に似た症状がカビ肺炎?


医学的には分かっていませんが、どうも雨など天候があまり良くない日は、体調が優れない気候病というものがあるみたいですね。確かに病気というわけではないのですが、どうも雨の日は、やる気が出ないなんて人多いのではないでしょうか?そんな雨が続く梅雨の時期がやってきます。農作物には恵の雨ではあるのですが、梅雨は体調が優れない事に加えて、カビも発生しやすく気を付けなくてはいけない季節です。そこで、ここでは梅雨の時期に発生するカビについてまとめてみました。

sponsored link

梅雨時期のカビ発生防止対策はこれ!

カビ菌根本的な話ですが、なぜ梅雨の時期にカビが生えやすいのか?それは湿度が高くなり、カビが生えやすい(=カビが生きていく)環境が整ってしまうからです。具体的には、湿度70%を超えるとカビが生えやすいと言われています。ゆえに、湿度計で70%を超えるようだったら、窓を開けて換気する、日中は家に誰もいないなど窓を開けておく時間が無い人は除湿器で60%以下くらいにするとカビが生えづらい環境になります。また、寒いのもカビには嫌な環境なので、可能だったら窓を開けて換気する方法が一番良いと言われています。

ただ残念ながらそれだけではカビはゼロになることは難しいのです。温度もカビが生きていけるのは0℃~50℃くらいまでと言われているので、それ以外の温度だとカビは生きていけないかもしれませんが、人間にとっても生きていけない環境になってしまいますからね。そこで、他の対策方法を紹介します。

窓結露まずは小まめに掃除。やはりホコリはカビにとっての栄養源。目には見えなくとも、掃除を怠っていると、カビにとって居心地の良い環境になってしまいます。特に、湿度がすぐ高くなってしまうキッチン周りや浴室など、結露で水分が付着しやすい窓は、いつも以上に掃除が必要です。特に結露防止のためには、結露防止スプレーなどもありますが、やはり最も効果的なのは窓を開けての換気。天気が悪くない日などは、できる限り窓を開けておきたいところです。

梅雨に恐ろしい夏風邪に似た症状がカビ肺炎?

カビによってこの時期最も怖いこと、それは肺炎になることです。カビから肺炎なんて想像もしていますよね。そんな肺炎が引き起こす主な症状は、体が怠くなり咳が止まらなくなります。これって夏バテや夏風邪と症状が似ていて、風邪だからそのうち治るって思っていたら肺炎だったなんて事になりかねません。

sponsored link

カビ肺炎は、トリコスポロンというカビが主な原因なのですが、部屋で一番トリコスポロンが生まれてしまいやすい場所としては、湿度が高いキッチンやバスルームなどもありますが、最も気を付けたいのがエアコンです。

エアコン特に冬場はエアコンではなく、暖房器具を使っている人も多いでしょうから、梅雨や夏場から久しぶりにエアコンをオンにするなんて人は特に要注意!エアコンの掃除は、外にある室外機も忘れずにやるようにしましょう。結構、内部だけ掃除しても、室外機のほうにカビの胞子がいたりして、オンにすることで、その胞子をまき散らしてしまうなんて事になってしまいます。最近では、エアコン掃除を専門に行っている業者などもあるので、おもいきってプロの手に任せると言うのも一つの手です。

夏場は、一般的に抵抗力が低下していて、体調を崩しやすい季節。掃除をきちんとしたり、窓を開けて換気をしっかりするなどして、病気にならないよう未然に防ぐ努力は怠りたくないですね。

まとめ
これからやってくる「梅雨」ですが、湿度が高いというだけで体感的にも不快ですね。少しでも快適に過ごすには、やはり毎日のお掃除は欠かせないようです。除湿機があれば設定を保つこともできますが、無い場合はとにかく湿度を除去するよう心がけることです。夏風邪は長引くと言いますが、それ以上に怖いカビによる肺炎!そんな病気にならないよう十分気を付けましょうね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です