夏バテ防止に梅ジュースが一番効果的な理由って?効果的な五大栄養素とその食材とは?


海だ!花火大会だ!夏祭りだ!とイベント満載の待ちに待った夏がもうすぐそこまで来ていますね。今から夏の訪れが楽しみで仕方ない人も多いことでしょう。そんな夏をとことん満喫するには、まずは体調管理!せっかくのイベントが、夏バテでダウンしてしまったら、1年後悔しちゃうことになりますよ。そうなる前に、「夏バテ防止」についてまとめてみました。夏を迎える前に必見ですよ!

sponsored link

夏バテ防止に梅ジュースが一番効果的な理由って?

夏バテ毎年、夏がやってくると、食欲がなくなってしまい、何事にもやる気がでない夏バテ症状になってしまう人は多いのではないでしょうか?特に、ここ数年の夏は、異常とも言えるほどの酷暑になりますしね。しかし、毎日飲むドリンク一つで、夏バテ防止ができてしまうかもしれないのです。それは『梅ジュース』。 

梅には、クエン酸という成分が豊富に含まれていて、そのクエン酸は、疲れ切った体を回復させてくれる機能があったり、食欲を増進させてくれる働きがあるのです。つまり、夏バテのためにあるものなんて言っても過言ではない程!夏バテに効果的なドリンクというわけです。 

もちろん市販の梅ジュースもたくさん出ていますが、自分で作れば美味しさも楽しみも倍増しますよね。そこで、ここでは簡単に作れる「梅ジュース」の作り方を伝授します。 

梅まず梅を買うなり、もらうなりして手に入れて、それをキレイに洗い、ヘタを取りましょう。1コ1コ全部ですよ〜!洗った梅をまずは冷凍庫で丸1日冷やします。1日経ったら、その梅と砂糖を少々入れて、瓶で1週間ほど寝かせます。最後に、梅の種を取ったら、原液の出来上がりです。 

原液をお水や炭酸水で割ると、梅ジュースの出来上がりです。また、大人向けでしたら、ホワイトリカーを混ぜて、更に少し寝かせて、梅酒として飲んでも美味しいですよ! 

夏バテ防止に効果的な五大栄養素とその食材とは? 

上記で、夏バテに最適な成分としてクエン酸を紹介しましたが、梅ばかり食べているわけにはいかないですよね。やはり、食は健康な体の源!炭水化物、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミン五大栄養素のうち、夏バテに効果的なものは何でしょうか?また、その代表的な食材を紹介していきます。 

sponsored link

まずは、なんと言っても「たんぱく質」
体を作る元とも言える血液を作るものですからね。たんぱく質が摂れる夏バテ防止食材として、代表的なものとして「豚肉」です。

焼肉

豚肉は、良質なたんぱく質を豊富に含まれており、バテてしまった体の回復には最適です。さらに言うと、生姜も効果的なので、レシピとして「豚の生姜焼き」はベストチョイスと言えると思います。他にも、良質なたんぱく質を摂れる食材としては、玉子や、豆腐、納豆などもおすすめなので、基本的にはやはり「和食」が良いと言えると思います。

 続いてもう一つの栄養素がビタミンです!

うなぎビタミンは、体の調子を整えてくれたり、他の栄養素の働きを助けてくれる万能すぎる脇役なのです。その代表的食材が、うなぎ。土用の丑の日は、夏以外にもあるのに、夏ばかり大きなイベント化しているのは、やはり夏バテに効果的だからでしょうね。最近では、高価なものになってしまったうなぎですが、江戸時代から日本人が文化として伝えてきた、夏バテ防止食材ですから、ここは奮発して食べておけば、酷暑に負けない最高の夏が待っているかもしれませんよ! 

まとめ
夏を乗り切るには、やはり身体の内から、身体の源となる栄養分をきちんと摂取することが大切ですね。食べる時にも豚肉と生姜など、相乗効果を期待できる食材の組み合わせなどを覚えておくのも良いでしょう。ぜひ、酷暑を乗り切る体力作りと、栄養満点の食事バランスで夏を乗り切りましょうね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です