紫外線量は曇りの日なら気にしなくていいの?参考にしたい北川景子さんの紫外線アレルギー対策とは?


若い頃の小麦色の肌って健康的!なんて言われたのは、もう昔の話。今では、若い時から紫外線対策は必須。だって、シミ、ソバカスの原因になることはもちろんの事、最近の研究だと、紫外線によって、肌機能が低下するなんて説まであるのです。それになんといっても、肌が退化してしまい見た目年齢が大幅に上がってしまう、つまり紫外線は何も良い事がないので、対策は必ずしたいところです。そこで、ここでは『紫外線』についてまとめてみました。

sponsored link

紫外線量は曇りの日なら気にしなくていいの?

紫外線紫外線対策が必要な日のイメージは、やはり酷暑と言われているような太陽がギラギラ光る真夏をイメージする人も多いと思います。街中でも、日傘の着用率が高いのは、やはり真夏ですからね。しかし、紫外線が最も多い季節はいつだかご存知ですか?7月や8月のような真夏ではなく、実は暑くなっていく6月と言われています。そして、まだ肌寒い日なんかも時々あるような4月くらいも、紫外線はかなり肌に浴びせられ続けており、基本的には1年中、油断できないと言えるでしょう。

 

更に、天気の良い日だけ注意すれば良いのでしょうか?それも答えはNO!です。紫外線量は曇りの日でも気にしなくてはいけないのです。
というのも、確かに一番、紫外線量が強いのは晴天の太陽の光が直接肌に刺さる日ですが、曇りであっても、薄曇りくらいだと、晴天時を100とすると、70〜80くらいの紫外線量は浴びせられ続けているのです。70〜80だなんて、結構な量ですよね。
やはり太陽の光が直接当たっていないと、紫外線も当たっていないと錯覚しがちですが、曇りであっても、目には見えていないだけで、十分浴びせられ続けているので要注意です。

 

さらに言うと、雨だと大丈夫だろうと思いがちですが、雨であっても、20〜30くらいの紫外線量は降り注いでいるのです。まぁ、雨の場合は、最近よくある雨傘であっても、UVカットされているものも増えているので、念の為、そのような傘をチョイスしておくといいですね。

参考にしたい北川景子さんの紫外線アレルギー対策とは?

「紫外線」にもアレルギーがあることご存知でしょうか?日光性皮膚炎、日光過敏症とも言われる紫外線アレルギーは、症状としては、目の充血、涙が止まらないということから始まり、酷くなると激しい頭痛、吐き気、発熱なども引き起こしてしまいます。

sponsored link

そうなると、QOL(生活の質)が大幅に下がってしまい、楽しい毎日が過ごせなくなってしまうので、対策が急務になりますよね。

実は、芸能人にも紫外線アレルギーと言われている女優さんがいるのです。

先日、ご結婚さたばかりの女優の北川景子さん、彼女は紫外線アレルギーと言われています。
確かに色白で美肌、直射日光に耐えられるような肌質とは思えませんよね。

 

そんな北川さんは、季節問わず毎日、1日に数回日焼け止めを塗っているそうです。
日焼けアレルギーには2種類「内因性」と「外因性」があると言われていますが、外因性は服用した薬や日焼け止めの成分によってアレルギーを引き起こすため、北川さんの場合、1日数回日焼け止めを塗っていることから、外因性ではないことがわかりますね。

 

そうは言っても、アレルギー症状には本当にたくさんの症状がありますので、北川さんがどんなアレルギー症状なのかまでは分かりませんが、ドラマのロケともなると1日中外で撮影なんてこともあると思うので、直射日光で皮膚が赤くなったり、発疹ができるなどの要因が考えられます。

参考までに、北川さんの愛用されている日焼け止めは、カネボウの『アリィー エクストラUV プロテクター (ホワイトニング)』という情報がありますが、CMに出演されているからなのかもしれませんね。(笑)

 

さらに北川さんは、体の内からも、コラーゲンを多く摂ったり、健康や美容を強力サポートすると言われているノニジュース、ブルーベリージュースやコーン茶を愛用するなど、食生活にも気を遣っているそうなので、ストレスの少ない健康的で幸せな生活を送っていることも肌に良いのではないかと思います!

女優さんですから、美白をキープしたいのは当然ですし、アレルギーにならないよう自分なりに普段から紫外線対策を徹底していることが分かりますよね。

 

大した距離じゃないから、とお化粧もせず、日傘もささず外出してしまうズボラな私とは大違いです!
私の場合、直射日光を浴びると肌に小さなブツブツができ、すぐに痒くなってしまうので長袖を羽織るなど、できるだけ肌の露出をしないよう気を付けてはいるのですが、まぁいっか!と気を抜いて外出してしまうと後々後悔することになります。
特にこれから季節、青空の下で過ごすには良い気候ですが、紫外線の数値も跳ね上がることを考えると、喜んでばかりもいられなそうです。(汗)

 

まとめ
曇りや雨の日は、ついつい紫外線対策について手を抜いてしまいがちですが、これからの季節は本当に油断できない季節です。特にアレルギーをお持ちの方は、色々工夫をされていると思いますが、そうでない方も、突然発症することもあるそうなので、今まではそうじゃなかったからと油断せず、できるだけ紫外線を浴びないよう気をつけてくださいね!(私もですが。笑)

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です