ミニマリスト家族に学ぶ物を置かない部屋の極意って?無駄なく着回す女性服上級コーデ術とは?


最近「ミニマリスト」的な生き方流行っていますよね。ミニマリストとは、必要最小限のモノだけで生きる生活の事。少数精鋭の洋服を上手く着回すなど、まさにその精神はエコですし、モノが溢れていて、使い捨ての時代になっている現代に警鐘を鳴らす生き方だと思います。そんなミニマリストについてまとめてみました。

sponsored link

ミニマリスト家族に学ぶ物を置かない部屋の極意って?

断捨離物を置かない生活ってなかなかできないですよね。生活していればどんどんモノは増える一方です。いざミニマリストを始めてみよう!と決意しても、ついつい物を買ってしまい、いかに無駄買いしているかを実感してしまう人も多いと思います。そこで、お金の節約ができて部屋もスッキリ、そんなミニマリスト家族に学ぶ物を置かない部屋の極意をお伝えします。

1. 台所のカウンターの上は、必要最低限のもの以外はしまう

ついつい台所はその都度出し入れするのが面倒で、調味料や調理家電など出しっぱなしで、カウンターがモノで溢れてしまっている場合が多いです。まず、ミニマリストの第一歩として、台所には毎日使うものだけしか置かないよう努めてみましょう。場所をとる調理家電などは、横置きを縦置きにするなど工夫することが大切です。

2. ゴミ箱は各部屋に置かない

ミニ家ちょっとこれは無理でしょっ!て思っていませんか?私もそうでした。リビング、キッチン、寝室など、各部屋にゴミ箱があることで、ゴミの日に集めなくてはならず、掃除が面倒臭いと感じていました。この際、思いきってキッチンにだけゴミ箱を設置し、毎回そこに捨てる習慣をつけてみましょう。少なくとも今まであった各部屋のゴミ箱スペースがスッキリします!そうすると自然にモノをどこにでも置かなくなり、ゴミを出さない工夫やまとめ方を考えるようになります。

3. 必要ない「紙」は家に入れない

ついついポストに入っているピザの広告や、折り込み広告のクーポンなど、いつか使うだろうなんて思うものを家で保管したりしていませんか?でも「いつか」なんて日は、やってこないんですよね。多くのクーポンは、今やスマホなどネットでゲットできるものも多いので、すぐに必要ない紙は家に置かない事です。

4. 1日の終わりに机の上をきれいにする

散らかった机職場でも、整理ができない人の机は、ほぼ100%汚くないですか?断捨離ができず、ミニマリストになれない人は、心も整理ができていないので、机の上になんだかんだ置いたままにしちゃって、いつの間にかカオスになってしまいます。なので、そうなる前に、毎日、1日の終わりには机の上をきれいにしてリセットするようにしましょう。

無駄なく着回すミニマリスト女性服上級コーデ術とは?

おしゃれなイメージがあるフランス人が10着しか服を持たないという話から、日本でもミニマリストの精神が根付き始めているようです。ミニマリストの代表的行動と言えば、数少ない洋服を着回す上級コーデ術を持っていることでしょう。

sponsored link

1. ファストファッションと、品質の良い高い服を上手くミックスさせる

ミニマリストの特徴として、全ての洋服が安物というわけではありません。例えば、ニットやシャツなどはファストファッションでも、ワンポイントのベルトや靴、バッグなどはブランド品など品質が良いものを使う。そうやってミックスさせることで、ファストファッションも安物に見えず、ワンランク上のファッションアイテムに昇格してくれるというわけです。

2. 100円ショップを上手に活用する

ついつい無駄なものまで、安いからと買ってしまいがちな100円ショップ。ミニマリストには敵のお店かと思いきや、意外と上手に活用している人も多いようです。例えば、洗濯ネットを購入して、靴下などもきちんとネットに入れて長持ちさせるとか、裁縫セットを活用して縫物でファストファッションアイテムを高級ファッションアイテムのように変身させる裏技など。100円ショップ=節約・安い・使い捨てOKというようなイメージでしたが、ミニマリストは「どうせ100円だから」とは考えず、数少ないモノを大切に長持ちさせる工夫を心がけているということです。

 

まとめ
必要ない物を整理して捨てることは、心の整理にもつながることです。
そして整理できると、必然的に数少ないモノを大切にしようという気持ちに繋がります。
ミニマリストへの第一歩、まずは出来そうなことからやってみましょう!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です