桜餅の葉っぱを残すのはマナー違反になるって本当?【常識】関東・関西の桜餅の違い知ってる?


間もなくソメイヨシノが日本中を席巻するほど、桜舞い散る美しい季節になりますが、そんな花見にもピッタリな日本伝統のスイーツと言えば、やはり『桜餅』。見た目にも美して、桜餅を食べたら春を感じる人もいるのではないでしょうか?そこで、ここでは『桜餅』についての情報をまとめてみました。

sponsored link

桜餅の葉っぱを残すのはマナー違反になるって本当?

桜餅桜餅を食べていて気になるのが、餅を包んでいる葉っぱは食べるべきなのか?残して良いのか?という点ですよね。もちろんご自宅で食べていたり、気の合う仲間と食べている時などは、どちらでも良いのですが、お堅い場などで出された時にマナーとして食べるべきなのかどうか迷います。   そもそもなぜ、桜餅に葉っぱが巻かれているかと言うと、簡単に言ってしまうと味のアクセント」。あの葉っぱは塩漬けされており、甘い餅にちょっと塩味を加えることで味が締まり、甘さを引き立ててくれているのです。いわば、スイカに塩をかける原理と似ているのでしょうね。他にも、乾燥防止の意味合いもあります。   では、本題に戻りますが、桜餅の葉っぱを残すのはマナー違反なのでしょうか?結論を言ってしまうと、「残してもOK」です。元々、葉っぱは味付けなので、既に付いていますし、目と鼻で楽しむものなので、食べなくてOKと言うか、どちらかというとマナー的には食べない方が良いみたいです。   一方で、あの塩漬けされた桜の葉っぱは、クマリンという成分が生成され、そのクマリンは肝毒性を持つため、大量摂取すると肝機能に異常をきたす可能性があると言われています。それはあくまでも「大量摂取」の場合なので、1日何十個も食べない限り、なんら人体には影響はないそうです。

【常識】関東・関西の桜餅の違い知ってる?

お好み焼きに関西風と広島風があるように、桜餅の世界でも関東風と関西風がある事を知っていますか? 自分の住んでいる地域の桜餅しかないと思っている人は少なくないのではないでしょうか?

sponsored link
関東風、関西風と言うのは通称で、(長命寺・ちょうめいじ)=関東風(道明寺・どうみょうじ)=関西風と言います。

長命寺

長命寺

道明寺

道明寺

どんな違いがあるかと言うと、長命寺はクレープ生地のように小麦粉を引き伸ばした生地であんこをくるんでいるものに対して、道明寺は、道明寺粉で作られており、つぶつぶ感があって、まるでお餅のように丸い形をしています。どちらも塩漬けの葉っぱで包まれている点などは同じです。   なんでも、桜餅の起源は長命寺タイプ。その後、道明寺タイプが美味しいと評判となり、全国に広まったそうなんです。 起源なのにもかかわらず長命寺タイプは関東や東北地方のみなのに対して、道明寺タイプは全国区のようです。ただ、長命寺タイプは静岡県の富士川くらいまで広まっているので、分かりやすく関東風(長命寺)、関西風(道明寺)と言われるようになったようです。   今では、どちらのタイプも買えるところが増えていますし、今の時期しか食べられないとなれば、食べ比べしながら両方食べるのが一番です!見た目はダントツで桜餅が有利ですが、味ではよもぎ餅や草餅、柏餅も負けていません。

まとめ
関東と関西の桜餅の違いご存知でしたか?葉っぱは好みで残してもマナー違反にはならないことも分かりました。店舗によっては葉っぱの塩加減やあんこの甘さなども違いますので、食べ比べて自分好みのイチオシ桜餅を探してみるのもいいですね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です