集中力が高い人ない人の特徴を徹底検証!自宅で無理なく勉強できる必要なアレとは!?


誰もが124時間ですが、その時間をいかに濃密に使えるかで、時間の価値は大きく変わってきます。そうです!集中力の高い低いです。集中力を見につけることで、効率よく勉強や仕事ができて、有意義に使える時間も増えるものです。そこで、「集中力」ついて色々と調べてみました。

sponsored link

集中力が高い人ない人の特徴を徹底検証!

集中力集中力の高い人は、それだけ脳を効率的に使えているかと言うことになります。脳自体は「疲れる」と言うことはなく、死ぬまで働き続けているものです。つまり、集中力は「信念の強弱」に比例するというわけです。集中力が無いと言う事は、信念が弱いと言う事になります。そこで、ここでは集中力の無い人の特徴を紹介していきます。 

1.計画を立てるのが下手

旅行でも、テスト前の勉強でもなんでもそうですが、計画を立てることが下手な人は、集中力がない可能性が高いです。例えば、マラソンでもゴールがあるから頑張れるわけですよね。つまり、スタートを切っても、ゴールつまり目標が設定されていなければ集中力は高められないというわけです。

2. 口だけ人間になっている

計画手帳計画は立てるものの、あまりにも理想を追いすぎていて、現実離れなものになっている場合ありませんか?例えば、旅行のプランで、あそこも行きたいし、ここでご飯も食べたい、その後そこでお茶して…など計画は立派でも、例えば渋滞に巻き込まれて、全然プラン通りに進まないなんてことも。そんな口だけ人間は、計画の段階から集中力がなく無計画と同じ、集中力がない人と言えるでしょう。

3. 睡眠を大事にしていない

ダメな人に限って、前の日徹夜して…など睡眠を大事にしていない場合が多いです。やはり脳を正常に動かすには、睡眠は必要不可欠。睡眠を大事にしていない人に限って集中力が無いと言えるでしょう。「寝ずにやれば出きる!」という言葉も良く聞きますが、それは気持ちだけが先走っているだけで、結果的には失敗を繰り返し、無駄な時間を費やすことになります。

4. 気合ばかり入れている

「よし!集中するぞ!」なんてセリフばかり吐いている人!そんなことを言っている段階で集中していないですよね。集中できていないから言葉に出しちゃうわけで、そんな気合ばかり入れている人は集中力ないでしょうね。私自身の体験です。一応書いてみました。(笑)

5. 妄想癖がある

集中できない女子勉強中、仕事中、妄想癖があると、いつの間にか違う事を考えて、実際やらなくてはならない事が進んでいないなんて経験がある人、集中力の欠如ですよ。リフレッシュ程度に休憩で好きな事をやっている妄想するのは効果的ですが、集中する時は集中しましょうね。

自宅で無理なく勉強できる必要なアレとは!?

勉強は学校や図書館、カフェなど外でないとできないなんて人いませんか?学校や図書館は時間が限られるし、カフェばかり行っていてはお金がかかる。しかし、家では勉強できない!それは家にはテレビがあるし、パソコンはあるし、疲れたら横になれちゃうベットがあるなど、「誘惑」が多いからですね。しかし、その自宅で無理なく勉強できるようになれば一気に効率も上がり、目標成就となるもの。そこで、自宅で勉強できるマストアイテムをご紹介します。

sponsored link

1. 姿見鏡

姿見姿見の鏡を置いておくことで、誰かに見られているような環境を作りましょう。外で眠らないのは人の目もあるからですよね。家でも、「ここで勉強しなければカッコ悪い」と自分を律せる環境が大切ということです。子供の世話が忙しいなどを理由に、家に居る時は誰にも会わないからとお化粧しなかったり、髪のお手入れもせず伸び放題、起きたままの部屋着、思い当たる節が1つでもあったらまずは姿見を部屋に置き、自分の姿を見つめ直すことです。自分を律する=意識を変えるということに繋がります。意識が変わるとモチベーションも上がり、今やるべきことが明確に見えてくるはずです。

2. 外にいる恰好と同じでいよう

家に帰ると、すぐに楽になれる部屋着に着替えていませんか?部屋着になるとリラックスできますからね。休日はそんな時間が必要ですが、集中して勉強しなくてはいけない時には危険な状態です。なので、家でも一定の緊張感を保つこと、家に着いても外出着のままいたり、靴下などもしっかり履いて、外にいる時と同様の集中力を保つようにしましょう。私自身、家で仕事をしているので部屋着の方が楽なんですが、部屋着ですと全くスイッチが入りません。なので朝起きたらすぐに身支度を整えます。そうすると誰が訪ねて来てもすぐに応対できますし、急な外出でも慌てることがありません。こういった環境に身を置くことでON・OFFのスイッチをきちんと切り替えられるようになります。つまり「やる時はやる、休む時は休む」ということです。

 

まとめ
自分で何かを初めようと決めても、信念がなければ継続は出来ません。まずは計画を立て、それに向かって行動できる環境を作ることが大切だと思います。忙しく限られた時間を有効に使うためぜひ、ご自身の生活環境を見直してみてください。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です