DAIGOの豪邸すぎる実家や場所が判明!?見た目と全く違う父の意外な職業とは!?


結婚して人気が低下する芸能人は少なくないですが、この人たちは例外ではないでしょうか?先日、結婚したDAIGOと北川景子です。お似合いカップルで、なんだか心から祝福したくなりますよね。そんなDAIGOに関する噂をまとめてみました。元々、おぼっちゃんのDAIGOだけに家柄の良さが分かる噂ばかりです。

sponsored link

DAIGOプロフィール

DAIGO

 

 

 

 

 

 

名前:DAIGO(だいご)本名:内藤大湖(ないとうだいご)

生年月日:1978年4月8日(37歳)

血液型:AB型

出身:東京都

身長:178cm

所属:A-PLUS(タレント) ビーイング(BREAKERZ)

 

DAIGOの豪邸すぎる実家や場所が判明!?

DAIGOが、消費税を導入したことでもお馴染みの竹下登元首相の孫であることは有名な話ですよね。

家柄の良さは、チャラチャラしてながらもどこか品があるDAIGOを見ているとよく分かります。

それが老若男女に愛されている所以でもありますよね。

そんなDAIGOの実家の豪邸は、想像するだけでも凄そうですが、やはり想像どおりのようです。

まず今も住んでいる東京の実家は、閑静な高級住宅街にあり、なんと総面積450㎡もある豪邸だとか。

場所柄、土地代だけでも数億円と言った感じです。なんでも元旦には、DAIGOのストーカーと思われる女性ファンが訪れてしまったりしていることから、ファンには有名な場所になっているのでしょう。

また、竹下家の元々の実家は、島根県雲南市にある「蔵元 竹下」。昔は、酒蔵が地元の雄で、政治家になる人も多いと言われていますが、DAIGOのおじいちゃんもその例でしょう。

ちなみに「蔵元 竹下」には、DAIGOや竹下元首相のサインが入った日本酒が置いてあったり、DAIGOの姉でボーイズラブ漫画家の影木栄貴さんが描いた画なども飾ってあります。

島根に行ったらぜひ寄ってみたいスポットですね!!

 

見た目と全く違うDAIGOの父の意外な職業とは!?

DAIGOのお父さんである内藤武宜氏は、見た目穏やかそうな優しい雰囲気の人ですが、意外な職業とはまさに現代版戦場である政治の世界。

おじいちゃんである竹下登元首相のような政治家ではなく、毎日新聞の記者で政治担当だったそうです。

sponsored link

その縁でDAIGOのお母さん、つまりは竹下元首相の娘さんと出会われたのでしょう。

よく、竹下元首相の孫なのに、本名が内藤大湖と竹下姓でないことを不思議がっている人もいるようですが、お父さん側の姓が内藤なのですね。

 

こちらが、DAIGOの父親「内藤武宜 

DAIGO&父

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目通り穏健な方のようですが、教育に関してはかなり厳格でDAIGOが若いころピアスを付けたら即、外されたようです。

そんなお堅い家柄にも関わらず、ミュージシャンになる事をよく反対されなかったと思います。

DAIGOのお姉さんも漫画家という職業柄、本人の意思を尊重し応援するスタンスの家庭だったのかもしれませんね。

小さい頃から政治の世界を身近に感じてきたDAIGOならば、政治家や新聞記者になる可能性やチャンスは十分にあったはずです。

現在のドラマ(ヒガンバナ)中のフリージャーナリスト役、ハマっていると思いませんか?

どんな役、どんな服装でも、やはり品格を感じます。

それもやはり厳格な父親あっての現在のDAIGOなのでしょうね。

結婚して幸せオーラ全開のDAIGOですが、今まで以上にドラマの活躍が増える事に期待したいと思います!!(^_^)

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です